take a miss take
by melancholic_loser
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Closing
その約束が あまりに刹那すぎて
大河のような 時間の海では
僕らはあまりに ちっぽけな一滴

緩やかなようで 心は揺らめくもの
いつしか僕も 計り知れない
大きな違いを 君に知られてる

重い誓いは 君を縛るだろうか
勇敢さは 惨めさを生むだろうか

完全なる愛を きっと目指しているんだ
なのに塗り固めたコンクリートは 綻びを呼ぶばかり


綺麗なものを すべて集めたら
絵に描いたような 幸せだろうか
見捨てられた花は 一人で咲くというのに

誰が見ても そうだと思えるもの
真実ならば 本当はそういうものだろう

敢然なる歩み ずっと欲しているんだ
なのに身を固めたセメント壁は 僕の体温を奪い
いくつの愛を 浪費すれば終わるんだ
消化試合の契りを繰り返して 虚しがるのも様になってきた


重い誓いは 君を縛るだろうか
誠実さは 今僕を責めるだろうか

完全なる愛を きっと目指しているんだ
なのに塗り固めたコンクリートが 綻びをまた呼んで
完全なる愛を ただ見つけたいだけなんだ
なのに恋人はここを去る準備 また同じような顔で
[PR]
# by melancholic_loser | 2009-01-27 00:59 | Live to Love
New Karma
大げさな謳い文句 掲げなくても
無理に甘いもの胃に 詰め込まなくてもいい
やけに長く続いているこの暗い道を
今はただ ひっそりと一人でも 歩こう

選り好んだ言葉で 作った迷路
何重にも重ねた壁に 彩りも何もない
やけに数だけ増えていく鍵の数を
ポケットに 弄んでみるだけ

必ず この嵐は止むんだ 
要はそれを待っていられるか どうか だけ
[PR]
# by melancholic_loser | 2009-01-26 16:41 | Karma
KAHKI BROWN
思っていたよりも
時間の風は枯れた色
重くなる足取り
薄くなる夢の色

真夜中の街頭
目の前は砂嵐
俯いた人達
暗くなる見通し

電飾は光るだけしか能がない
人の気も知らないで 苦い色を放つ


長い線路の上
電車は行儀良く走る
まばらな雲を抜け
忘れた過去を捨て

日常は価値をすり減らされていく
名前すら知らないで 僕を叱る誰か


電飾は光るだけしか能がない
人の気も知らないで 苦い色を放つ
[PR]
# by melancholic_loser | 2008-11-24 00:22 | 愛ナキ暮ラシ
SERIOUS STEP
心も名も 知らぬ友達よ
きっと君は 美しい人であれ
僅かばかり すれ違っただけ
希望だけ紡げ

天空を舞う 老いし旅鳥よ
未だ知らぬ 未来を目指しているんだね
次の陸地には 冬が来るだろう
勇敢に羽ばたけ

不安 なくはないのさ
けれど 歩みは揺るがすな

まだ誰も 踏み込んでいない未来へ
そこは新しい世界だ
黒く霞む 霧はその時晴れるだろう
だから君が踏み出せ 初めの一歩
[PR]
# by melancholic_loser | 2008-08-26 17:32 | Karma
永劫の日
一日には たくさんのひらめきがある
友達は たくさんはいない
けれど僕には 友達がいる
孤独を知り そして忘れる 永劫の日

真実は すぐそこ 目の前にあるけど
二重の膜に 遮られている
目を開かぬものには 見えず
貫く手を伸ばさぬものには 触れられない

月よ お前は太陽を待ち焦がれる
弛まぬ意思の持続すらも それを可能にはしないのに

数珠繋ぎの時間は 折柄のように
綺麗な色と 濁った色を 紡ぎ合わせる
幼い恋も欲望さえ 宇宙から見れば
それは大きな 自分自身という 風景なのだろう



一日には たくさんの閃きがある
絶望は 永遠ではない
人間の本性が そうではないから
孤独は終わり また始まるのだ 永劫の日が

そして再び歩き出せ 我が空しき心よ
[PR]
# by melancholic_loser | 2008-08-26 17:12 | Melancho
泣ク月
勇気が足りないんだ
誰も傷つけないようにすれば
結局自分が傷付くから
それが怖いんだ

涙をなくしたんだ
広い砂漠のどこかに埋めた
それから鍵は開かないから
胸は痛いんだ

思い出し方を教えて
大切な人の名前 顔 思い出

寂しそうに月は 浮かんでいる
何を考えているんだろう
密やかに光を 浴びながら
誰を照らしているのだろう
[PR]
# by melancholic_loser | 2008-08-20 03:41 | Melancho
Lonely Fly
さっき 頭に浮かんだ フレーズは
イメージをも掴めないまま 消えてった
君は 切り離せない 残像を
心の奥に繋がれたまま 外を見てる

「夜の雲は ゆっくり流れるのよ
静かに だけど確かに」

飛べ 羽根よ もう
様々な矛盾を飛び越えて
ゆけ 来た道と
これからを勇敢に受け入れて


散々 吐き出しつくした言い訳は
もう一つも残ってないから 踏み出した
理由は 結局のところ 何でもいい
心の準備ができたのなら それでいい

たとえ誰か 責めたとしても
夢だけは どうか自由に

飛べ 羽根を もう
理想とは違う世界でも
ゆけ 叶わぬと
あきらめて全てを終えるぐらいなら
[PR]
# by melancholic_loser | 2008-08-19 14:49 | Live to Love
PUSH
散々 解り合うための準備をしたら
そろそろ全てを見せ合おう
それでダメならしょうがないんだ
だってもう引き返すなんてできないんだもの

何度も 怖がりながら手を繋いだろう
僕らの勇気を無駄にしない
どれかを選ばなきゃいけないんだ
だってもう気付いたら見過ごせないだろう

短編小説みたいに 儚くロマンチック
心臓は砂みたいに 静かに波打つ


欲しいものを数えればきりがないし
得られるものは限られてる
どれかを選ばなきゃいけないんだ
だってそれが人生を作り上げるってこと

振り子が振れるみたいに 行ったり来たりはない
決断は否応なしに 押されるスイッチのよう


さあ 選ばなくちゃいけない 選ばなくちゃいけない 選ばなくちゃ・・
[PR]
# by melancholic_loser | 2008-07-26 00:57 | Live to Love
NOMEAN
言葉は無駄なだけだ
言い訳を探してるんだろう?
頭がはっきりしない
曖昧なものを触っているからさ

バネが壊れた玩具
飛び跳ねることもできない
喜んでくれるものなら
木っ端微塵に崩れてみようか

みだりに過ぎてゆく季節は無駄遣い
ただ切り取られてゆくだけのチケット

探しているものは ないない
色褪せることのない 愛 愛
どんな逃避でもごまかせることはない


今更とうに捨てた
アルバムを探してるんだろう
記憶に残る感情を
信じられなくなったなら終わりさ

自慢げに放った矢は自らに戻り来る
自己弁護なんてふざけた茶番だろう

形もないものを 奪い合い
先導者は言うのさ 愛 愛
越えた懐には疑念の入る余地さえない
[PR]
# by melancholic_loser | 2008-07-15 03:42 | Melancho
ベイビー、アイコールユー
助けておくれ
荒波は未だ止みそうもない
助けておくれ
大声は虚しく響くだけ

助けておくれ
悪魔は静かに歩み寄るんだ
助けておくれ 
宗教は粗悪な睡眠剤みたい

ベイビー 開けちゃいけない
ドアは 開けちゃいけないよ 寂しくても


助けておくれ
パパもママもまだ気付いてない
助けておくれ
大人は平気そうな顔をしてる

助けておくれ
雨音はまだ止みそうにない
助けておくれ
叫び声を出すのも疲れた

ベイビー 準備をするんだ
一人で 準備をするんだよ 立ち向かうために


ベイビー やめちゃいけない
ドアを 君がノックするんだ 今こそ

ベイビー 準備をするんだ
一人で 準備をするんだよ 乗り越えるために
[PR]
# by melancholic_loser | 2008-07-13 00:23 | Melancho