take a miss take
by melancholic_loser
<   2006年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
what is this feeling
ああ ゆめ やみ

あい こい


汚れた 空気に 溶け合う 僕は

薄暗い 煙に 擦れて 血が出る


ああ ひかり きぼう

きらめき かなしみ


綺麗な 空気に 晒され 眠りたい

摩擦に くすんだ 皮膚の奥 眩しさは今も


そこにあるのか


ああ ぼく きみ

とおく ちかく


ああ ゆめ やみ

あい こい


こどく ひとり ともだち

うみぞい ゆうぐれ


そらの むこう たいよう

ぼく きみ



悲しみの 陽が落ちる 水平線に

なぜだか 穏やかな 呼吸が来る

悲しいし 寂しいし 苦しいけど

なぜだか 悲しくはない
[PR]
by melancholic_loser | 2006-01-29 06:49 | 愛ナキ暮ラシ
フィクション、ですよ。
僕は

君があんなにも

愛してくれた

僕は

こんなにも

自分を台無しにしている


軽薄な友に紛れ

浅はかな女の子たちに軽んじられ

何もかも 今

見失おうとしている


僕は

あんなにも君が

愛してくれた

僕は

こんなにも

自分を台無しにしている


ああ 愛が欲しいよ

ああ 寂しさが怖いよ


どうだ 醜いだろう 今の僕は


今でも 君を

君一人を

愛し続けるという答えがあるのならば


僕は何をも惜しくないのに

何を 失ったって 怖くないのに


たとえきみの くすりゆびに

ひかる かげが すがたをうつしても



たとえきみの すぐそばに

おさない こころが ふたつ あっても



僕は酔っ払ってしまって

今日は 酔っ払ってしまって

涙が出るから

こんなことを 言ってしまう



別に大したことじゃないさ

全てはフィクション、だから
[PR]
by melancholic_loser | 2006-01-27 06:11 | Melancho
sore ga hope
君が 君を あきらめても
僕は 君を あきらめない

君が 君を うたぐっても
僕は 君を しんじてる


君が 君を なげだしても
僕は 君から にげださない

君が 君を やめたくても
僕は 君を うらぎらない


そう思うこと そう思えること

これがhope これがhope


だから僕はあきらめない
僕は 君を あきらめない
[PR]
by melancholic_loser | 2006-01-26 06:10 |
asphalt love
僕は君のように
いいかげんな恋なんかできないんだよ

僕は君にそう
軽薄な僕の 軽薄な恋人の君にそう言う

君が恋しいから僕は 純粋な振りをする


僕は君のように
わがまま勝手な恋が羨ましいんだよ

僕は君の思う
退屈さも狡さも汚さも本当は持ってるけど

君が欲しいから僕は 手馴れた大人の振りをする


世界はなんでこんなにも綺麗じゃないの


僕の迷宮みたいな頭のなかをぐるぐる
不遜な欲望がうろついて回る

君に会いたい 会えるだけじゃ嫌

君のそばにいる いるだけじゃ嫌

君とずっと一緒 でもきっとそれだけでも嫌


世界はなんでこんなにも理不尽に平和なの


僕は君のように
いい加減な恋なんかできないんだよ

お決まりの台詞

さて今度は誰に言おうか
[PR]
by melancholic_loser | 2006-01-24 03:45 | Melancho
明かりが点いてるとも 着いていないとも知らない部屋で

少しだけめくれた カーテンの向こう岸


僕はなぜかとても孤独で 今すぐにも泣き出しそうなぐらいで

薄オレンジの部屋が 混沌に満ちてゆく


悪魔が出てくるフランス映画や 迷信めいた空のような部屋で

僕の退屈な無垢さは ただの言葉に傷付く


発狂しそうな 嵐のような

深く青く燻る 炎のような

乱暴に殴る 欲望のような

鋭く尖った 寂しさのような


カーテンの向こう 窓の隙間から

誰か怖い人が僕を探しているのが見える


助けは来ない 逃げ場はない

ここはきっと見つからないけど

ここから出なきゃ どこにも行けない


僕を探してる 誰か怖い人と 向き合わなきゃ

僕は どこにも行けない

だけど今はここでうずくまり


密かに時間が流れるのを やり過ごしてる


覚めてからも なぜかまだぼんやり

続いているような気がする


僕の夢
[PR]
by melancholic_loser | 2006-01-23 22:28 | 愛ナキ暮ラシ
bell
砂時計を何度も
逆さに返すように

過ぎてゆく季節を
何度も繰り返しながら


かけがえのないものを
失いながら

取り返せない過ちたちを
積み重ねながら


それでも

誰にも気付かれなくても

僕は囁き続けるだろう




君になにか大事なことを 伝えられるなら

光が眠りについた世界にも 救いが見つかるから


今はまだ

夢を見てるだけ


すべては輝きを 潜めてる

いつか君が


本当の この世界へと

目覚める その日まで
[PR]
by melancholic_loser | 2006-01-22 13:25 | Melancho
time comes
hey,honey

i want you stay そう

時間なんかもう

ここに流れてこなくていいのに


虚しい 願いのバリアー

張り巡らせても

水よりも したたかに

風よりも ゆるやかに

音よりも ひそやかに

光よりも あざやかに


hey,honey

i want you stay ねえ

窓を開けないで

この手を離れていかないで



hey,honey

運命みたいな声

君がベルを鳴らす

時間が来てしまったみたい
[PR]
by melancholic_loser | 2006-01-22 01:18 | Melancho
わんだーりんぐ ふぉーくしんがー
僕なんかの言葉はですね

そりゃもう

矛盾を大いに孕んでいるわけですよ

そもそも

自己統一も満足に

行えない人間なわけですから


漫然たる自堕落に陥ることもあれば

つまらないことに腹を立てて

くだらないことばを吐くこともあるわけで


頭んなかがなんかこうもう真っ黒になってしまって

誰かに死んでしまえと思うようなこともあるわけです


これはもうほんとうにだらしがない

僕という人間のくそったれな部分でありまして

何も偉そうなことを言う資格もないわけです


ただ

言いたいのは


自分がどんなにぼろくそに人にけなし

おとしめられてもそんなのどうでもよく

誰か身近な人が

ほんの少しくれる笑ってくれる顔が見れるだけでもういい

明日も生きていけるというような

気持ちになることがあるということです


好きではない 誰か 人にもいつもより

ほんの少しだけ優しくできたりする日もあるということです


僕のようにこんなどうしようもない

心の許容量もみそっかすみたいな人間にも

他人からもらった優しさで前に進むことができるのです


そしてこういう時

世の中の口汚く罵られるべき人たちにも想いを寄せながら


それでも

人間は素晴らしいものなんだなあ


と僕は強く思うわけなのです
[PR]
by melancholic_loser | 2006-01-22 01:05 | Melancho
ki hi ko
迷い が センサーに触れる

メーターが ブルブル 後退を ウッタエる

これ以上は怖いよ 何かが待ってるよ

i got fear

メマイ ガ クラクラ



目立つ には 勇気が必要

ボーダー上 ウロウロ ちゅうようが さいりょうよ

これ以上はヤバイよ 何かが待ってるよ

i can hear

ブナン ガ イチバン



願い が もし君にあるなら

コンセントレート ブルブル 震えを 噛み殺せ

伝えたいことがあるよ 誰かが待ってるよ

i hate ciger

ヒカリ ガ キラキラ



i can tell you,

輝くことを 恐れてはいけない



do shine

do shine
[PR]
by melancholic_loser | 2006-01-18 02:35 | 愛ナキ暮ラシ
イマジネイション
僕は何にだってなれる

想像力は

放射線状に派生してゆく


ムービースター、コレクションモデル、スーパーマンだって、


僕は何にだってなれる

想像力が

僕の未来を彩ってゆく


君が泣いていたら、悪者をやっつけて、迎えに行くんだって、


僕は何にだってなれる

想像力が

僕らの未来の形を変える


核兵器同士の戦争も、原油まみれの大海も、道に咲く花にだって、


僕はイメージする

矛盾も無く 美しく 優しい世界を
[PR]
by melancholic_loser | 2006-01-18 02:16 |