take a miss take
by melancholic_loser
<   2006年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧
time to squeeze
膝を抱え 身体を丸め
君は嵐が 過ぎ去るのを待ってる

放っておいても 陽は昇る
君はいつしか それを言い訳にした

目まぐるしく 変わるシグナルが急かしてるよ
ねぇそろそろ 出かける時じゃない

So, It's a time to squeeze
思い切り 飛び出したっていいぜ
もう 臆病者の時間は終わりだ
もう 見て見ぬ振りの大人はやめだ



ハラリ 時雨 心にも雨
ずぶ濡れに慣れた 自分を笑ってる

放っておいたままの 部屋の隅に
置いたままの夢が ある夜奏でるフレーズ

耳を澄ませ 新しいクエスチョンが問いかけてるよ
「ねぇ本当は 気になっているんだろう?」

So, It's just time to squeeze
思い切り そのドアを押し開けるんだ
もう 誰かの見せた幻は終わりだ
もう ふざけたモラトリアムから抜け出すんだ



So, It's a time to squeeze
思い切り 飛び出したっていいぜ
もう 臆病者の時間は終わりだ
もう 見て見ぬ振りの大人はやめだ

もう 嵐に背中を向けるのはやめだ
[PR]
by melancholic_loser | 2006-10-31 22:30 | 愛ナキ暮ラシ
君に 言葉を
君に 言葉を
ただ悩んで 僕は搾り出す

たまに悩んでも 見つからない
時もある

そんな時は そんな自分が
嫌になる



君に 言葉を
ただ貰って 僕は救われる

誰かが気にしてる それだけで
嬉しい

そんな日には こんな自分も
好きになる



君に 言葉を
ただ悩んで 僕は搾り出す

もしも優しく 響いたなら
それでいい

君の今日を 飾れるなら
それでいい
[PR]
by melancholic_loser | 2006-10-30 02:42 | Live to Love
stand in the light
僕は全てを疑ってかかる性分なので
君のその表情にさえ
何かよくないことを想像してしまう

目に見えるものなんてどれも不確かだと
僕はいつから知ったんだろう
それはよくないことだったんだろうか

疑うのは 自分も守るため
信じすぎて 心を開きすぎないようにするため

でも君のことを それでも
力ずくでも全てを信じようと 思った時
僕は大きな何かに
許されたような気持ちがしたんだ

裏切られることよりも
無条件に誰かを信じることの方が そう
ものすごく難しいと
そしてものすごく美しいと思ったんだ
[PR]
by melancholic_loser | 2006-10-25 03:08 |
yume-yami
もうおもい

だせることは

あんまりない

あんまりないよ



ああおもい

そらにはくも

とてもくらい

とてもくらいよ



キラキラした 夢が

天井に浮かんでいる 僕の部屋
[PR]
by melancholic_loser | 2006-10-20 22:13 | Melancho
so U
ただ空が綺麗

 もうすぐ街には

無数の星が

 空から降ってくる


僕は不安になって

 君の手を探す

何も知らない

 人達のなかで



もうすぐ すべてがはじまる

きみはなにをみつめる

闇のなかで 罪のなかで



ただ空が綺麗

 もうすぐ街には

嘆きのための

 言葉が溢れる


僕は悲しくなって

 君の声をさがす

何も見えない

 世界のなかで
[PR]
by melancholic_loser | 2006-10-19 19:08 | Melancho
憂鬱な君の臨む楽園
飛蚊症のわたしには
今日も視界に虫の這う

傷つけられた君が纏う
その氷を溶かすが為

拙く紡ぐわたしの声は
砂漠に埋もるる粒でせうか


人には生まれながらに
定められた限りが在ると言う

抗いたがりのわたしは謳う
強き心はそれを越えると

儚く眺むる君の世界は
真に醜きものなのでせうか
[PR]
by melancholic_loser | 2006-10-16 05:44 | Melancho
メランコリック・ラビリンス
君のことを
考えるときはいつも

僕は思い出に
置いていかれたような気持ちになる


一本の道を
どちらが先でもなく

僕はぼんやりと
ただ歩いてきたような気がしている


悲しいことを
思い出したときはいつも

僕は自分に言う
逃げ出さずに真っ直ぐ 見つめていたいと


そうして僕を
受け入れられた時

僕はやっと僕を
迎えに行くことができるような気がしている
[PR]
by melancholic_loser | 2006-10-16 04:44 | Melancho
幸福論
1人きりで ないことが
幸せなのだろうか

孤独に怯えないで
そりゃ暮らしたいけれど


誰1人も 僕のことを
信じてくれなくても

できたら譲らないで
信じていたいこともある


僕の思う 素晴らしき未来と
君が選んだ答えが

まるで逆だったとしても
君が幸せならそれでもいいかな


すぐ目の前の 苦痛よりも
失うのが惜しいものが

あるということを
いつか君に伝えてみたいよ
[PR]
by melancholic_loser | 2006-10-16 04:18 | 愛ナキ暮ラシ
悲しみ病の君と僕
いつでも僕に 本当のことを
気付かせるのは嘘だったりするのさ

世界の綺麗さを 気付ける時は
大きな間違いの その反動だったり

うごめくような醜い感情は
僕のなかにも潜んでる 知ッテルデショ

それでも目に入るのは
良くないものばかり
悲しみ病の君の周りには
都合のいいものばかり



寂しさより大事なものがあるってことを
思い知るのは いつも過ちのあと

それでも見つけたいのは
誰かの笑う顔
悲しみ雲のその上には
美しいものばかり かもね
[PR]
by melancholic_loser | 2006-10-16 03:27 | 愛ナキ暮ラシ
Good - bye my June
今日はとても 空が綺麗だね
全ての色が幸せに 満ちているようだよ
遠くの 遠くの方で鳴る鐘の音
僕の思い出と一緒に 白い鳥が飛んでいくよ


君にはとても 白が似合うから
きっと今日の君は いつもより綺麗だろう
静かに 幸せの扉を叩くJUNE
君がよく着ていたあの ブラウスの色

僕は好きだったんだよ
そういえば 言ったこと なかったけど

good bye rosy, good by
振り返らず 手も振らず だけど笑顔で
i don't worry, go your way
過ぎ去りし日に そっと微笑を 穏やかな笑みを



迷いと 願いを
優しさと 切なさを

手を開いて 空へ送るのがいい

今日はとても 空が綺麗だよ
[PR]
by melancholic_loser | 2006-10-14 00:51 | Live to Love