take a miss take
by melancholic_loser
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<   2006年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
そのルールの下で
恋の宛がいは ただの戯れ
まだ知らない 法則を探し出せ

人は思うよりもずっと
誰かに踊らされ 自分に踊らされてる


愛は万能の物 使い方次第
怠惰の言い訳にも 救世主の武器にも

君が思うよりもずっと
想像力は大切だ ジョン・レノンもそう言ってる
[PR]
by melancholic_loser | 2006-12-29 04:29 | Melancho
LONG SNAKE
さよなら 儚き 夢は数知れず
僕を苦しみの渦が呑む

さりとて心清き 大人にはなれず
我が名は過ちを 積み立てる

少女はまぶたを見開いて
痛みなき明日を夢に見る

さよなら 儚き 夢はかき消される
憂鬱の糧などそこら中にある



さよなら 愛しき人よ 日々は終わる
無情さは今更さ 泣くのはよしなよ

囁き言葉が 世界を取り囲み
全てはもうすぐ身を持ち崩す

戻れない過去を懐かしんで
涙を流して暮らそうか

さりとて 美しい夢はあきらめきれず
今夜の戯言もまた煙に消える
[PR]
by melancholic_loser | 2006-12-29 02:30 | 被害妄想
Happy Christmas
それは雪の 色ではなく
あなたの心に 染まる白

真冬の孤独の 色でなく
僅かな濁りも 持たぬ白

闇夜に開く扉を 開けてみませんか


それは空の 雲ではなく
あなたの心の 清き白

穿った痛みの 糧でなく
小さな小指を 繋ぐ白

あなたの今日この日が 幸せでありますように




奇跡という言葉は
僕は好きではありませんが

奇跡という戯れも
望まずには生きられぬ世です

あなたの今日この日が 幸せでありますように
[PR]
by melancholic_loser | 2006-12-24 16:17 |
phycho β
世の中は既に どうかしている
君が鳴らす警鐘にも 見向きをする人もいない

ありのままの姿を 隠し慣れている
大人の顔をした君にも 見た夢があったのだろう

互いにあやふやな 陣地取りゲーム
今を費やし 魂を削ぎ 明日はツギハギ
それでも開き直れ

怖いものなど ないんだろう?
[PR]
by melancholic_loser | 2006-12-16 16:51 | Melancho
ことばあそび
愛は夢の闇に宿る
恋が生める世界が曇る

人は胸に最後を待つ
これが全て道と変わる

愛が夢の闇を作る
君は孤独意志が切れる

誰も誰を責めもできぬ
人は人を愚か求む



これはただの言葉遊び
だから何も表しはしない

これはただの言葉遊び
だから全てここに宿る
[PR]
by melancholic_loser | 2006-12-15 23:37 | Melancho
東京セールスマン
毎晩 僕の部屋をノックする
東京セールスマン

「妥協に曖昧 あなたも如何ですか?」

「群れれば安泰 孤独は消滅
 皆さん中毒になるくらい
 満足してくれていますよ」


毎晩 僕のテレビをジャックする
魅惑のストリッパー

「最後の一枚は あなたが脱いでからよ」

理性に良心 他人は消滅
我が物顔の素敵な世界
確かに惹かれなくもない


毎晩 僕の部屋をノックする
東京セールスマン

「あなた独りで 何ができますか?」

無力辛かろう 逃げ道欲しかろう
人間の弱い部分なら皆
生み出したシステムが補完する



「いやいやまだまだ結構です」

いつものように 邪念を払い
インターホンの受話器を戻す
いつものように セールスマンは言う



「その気になったら いつでも電話を」
[PR]
by melancholic_loser | 2006-12-13 21:09 | Melancho
よくわからないなりに
よくわからないが
目の前に ボタンがあったのさ

よくわからないが
何か始まりそうで そいつを押したのさ
よくわからないなりに


よくわからないが
見たことない 場所に来たのさ

よくわからないが
感動して 大きな声で泣いたのさ
よくわからないなりに


よくわからないが
しばらくそこに いることにしたのさ

よくわからないが
たくさん友達が 僕にもできたのさ
よくわからないなりに


よくわからないが
悲しいことは 全部忘れてしまったさ

よくわからないが
笑ってお別れを しなきゃいけないから
よくわからないなりに


よくわからないが
目の前にボタンがあったのさ

よくわからないが
それから始まって 今ここにいるのさ
よくわからないなりに


僕はとても 幸せよ

よくわからないが

よくわからないなりに

まぁね
[PR]
by melancholic_loser | 2006-12-13 19:29 | Melancho
no one knows
明日のことは
明日になったって わかりゃしないさ

わかることは
今この手の先だって 不確かなんだよ

届け たらればでも
解けた手 どこに行ったか知らんが もう


やがて子供は
大人が教えてくれなかったことを知る

やがて子供は
誰かを抱くべき 大人へと変わる

届け 叶えばこそ
願いの絵 でたらめでも描くんだ そう


未来はいつだって 手探りだよ
世界中にそれを 知る人などいない

いつの日か旅立って 探すんだよ
世界中で誰よりも 僕が君を信じている
[PR]
by melancholic_loser | 2006-12-13 01:30 |
手紙α
「強いられる痛みが苦しいよ
 誰かも同じ思いをすればいい」

羅針盤は狂い
正常を保つために探す 道連れ

「笑ってる君が好きだよ
 どうして僕を見てそんな顔をする」

感覚は熱くなり
自分を受け入れられず 苦悶する

「独りは誰だって嫌だろ
 だから笑ってるそこの君もおいでよ」

想像力は欠如し
自らの痛みに欠落する 感情




人は理解し合うことを望みながら
人は自らを庇うことにしがみつく

戦争は いつまで なくならないの
僕は いつまで 幸せを探すの

お父さんとお母さんは どこに行ってしまったの
僕のあの友達は どこに行ってしまったの


人は理解されることを望みながら
人は自らを押し付ける人を毛嫌う

僕たちは いつまで 離れ離れなの
君は いつまで 独りで泣いているの

僕はこの旅で君を 迎えに行くことができるの
僕はこの旅でそれを 見つけることができるの



元気にしてるかい?
[PR]
by melancholic_loser | 2006-12-13 00:50 | Melancho
out of your bless
夜の闇は 死ぬほど深い
悲しい夜露が 心に滴る
救いのない独り言を
囁き続けてくるのさ

打ちひしがれ尽くしたはずなのに
愛と嫉妬が 胸を満たす
茶色い炎が海の底
僕を炙っているのさ

誰か助けに来ておくれよ
今日も醜き産声を 上げる僕を
[PR]
by melancholic_loser | 2006-12-13 00:41 | 被害妄想