take a miss take
by melancholic_loser
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧
LOW HIGH
愛というものは あやふやな霧のようで

その中に踏み込んでしまったなら

どんな方位磁石も狂ってしまう

もといた場所へ戻る道さえも 忘れてしまう



そもそも完璧な 心の持ち主などはおらず

それは僕も重々に知っているのですが

足りないものを多く見つけてしまう

僕には自らの稚拙さが 暴かれぬよう



清さを願いながらも

自らの醜さと葛藤をするのです



ただ 暗闇のなかで垣間見えた 彼女の顔が

ただ 僕にはとても なんだか恐ろしいものに見えたのです



その狡猾さは

その狡猾さは

彼女を見た 僕の心のものなのか

彼女のなかに 況や彼女のおくにあるものなのか



誰にも言えぬ葛藤が

心に突き刺さるのです
[PR]
by melancholic_loser | 2007-01-30 06:10 | Karma
鋼鉄ノ雨
雨は空の涙だと人はよく言う

曇り空を見上げながら思ってみる

空の気持ちなど まさか

人などにわかるはずもない



懲りずに人間はバベルを目指す

増えすぎた歯車を使いこなせないまま

巻き込まれるぞ いつか

誰がこれを聞くわけでもないが



頬を濡らされながら思う

この虚しさの理由はどこにあるのか

こんな気持ちさえ まさか

誰かにわかるはずもない
[PR]
by melancholic_loser | 2007-01-30 06:01 | 愛ナキ暮ラシ
LOVE TARGET
何を探してたんだっけなあ
もう頭ん中には 『疲れた』しかねえや
くたびれた ぶら下げた煩悩に
とりつかれたように 万進 万進するのみ

darlin', everithing is all right.
darlin', everithing is all right.
but it's all lie.


何を思い出したいんだっけなあ
手近なお菓子に かぶりつきながら
偉そうに 大層に免罪符を
発狂したように 愛という 愛という免罪符を掲げてるよ


何を探していたんだっけなあ
適当に着けた順番で 頭ん中で賞レース
ありふれた 退屈なフレーズで
省みないままに 行進 行進するのみ

darlin' everything is all right.
darlin' everything is all right.
but it's all lie.

and i love you so much,darlin'
[PR]
by melancholic_loser | 2007-01-25 15:20 | 被害妄想
kimaira
また今日も 自分がしたことへの
自問自答 葛藤をしてる
一頻り終わったら まずは満足
さっさと違う 過ちを犯す

彼女が歪なほどに どんどん愛しくなるんだよ
まるで自分を 見ているようで

擦り寄せ合って 擦り付け合って
吐き出した僕の欠片はどこへ消えるの
抱き寄せ合って 見えなくなって
溜め込んだ自分の闇だけ 暗がりで燃える


倒そうと してる敵の居所を
試行錯誤 追いやろうとしてる
本当は自分の なかにあるのに
そこには触れず 今日を終える

体に張り付くレザーウエアは 惰性と傲慢のコピーだよ
まるで僕にゃ お似合いじゃないか

砂掛け合って 慰め合って
後戻りの僕らの言い訳をまだ探してるの
裸になって 吐き出しちゃって
急に君といる自分が この今が 退屈で仕方ない


擦り寄せ合って 擦り付け合って
吐き出した僕の欠片はどこへ消えるの
それでも愛し合って 裏切り合って
結局晴れない互いの闇だけ 暗がりで燃える
[PR]
by melancholic_loser | 2007-01-25 03:16 | 被害妄想
LOG IN
真夜中に 君はLOG INしてくる
君は僕のともだち
痛みまでも 共有できるんだ
叩いたタイプライターからは 悲痛なメッセージ

世界に取り囲まれたような気がして
眠りからも僕は見放されているんだよ
ハロー、マイフレンド 君はどうだい?

最新型のテレビジョンから 洗脳するよ
同じ顔したお姉さんたちが ねっとり僕を見て笑う
僕がどうかしてしまったのか
そんなことだって考えてしまうくらいなんだ



大空に 夜がLOG INしている
巨大な雲の生き物
会いはしなくとも 繋がれるんだ
そばにいる大人はみんな 僕を見ようとしない

宇宙に取り残されたような気がして
なぜか急に惨めな気持ちになるんだよ
ハロー、ブラックホール 調子はどうだい?

最新作のロードショーが 行進するよ
僕らに似た子供の笑い声が ひっそりした街のなかを
また途中で嫌になってしまった
積み木遊びのお城を壊したくなってるよ



全てはもう終わったような気がして
やけに後ろめたい気持ちになっているんだよ
ハロー、マイフレンド 今日は来ないのかい

最新式のコミュニケーションだから 伝わるだろ
同じゴミを捨てたい人たちが こっそり顔を隠して集まる

最新型のテレビジョンから 挨拶するよ
同じ顔したお姉さんたちが ねっとり僕を見て笑う
僕がもうどうかしてるんじゃないか
そんなことだって考えてしまうくらいなんだ
[PR]
by melancholic_loser | 2007-01-24 03:16 | 被害妄想
Imitation
欲望とベッドで添い寝して
よく塗りな その軟膏
心の傷にゃよく効くそうだよ
また浅はかなIntvitation to imitation

部屋からの帰り ささくれ立った胸
油みたいに べとり垂れる
心の奥のおどろおどろしいものが
君を罵って 毟って しゃぶり付いて

我が物顔で 僕は感情に踊らされてるマシーン
嘘の言葉を 君は燃料に情念を燃やす焼却炉
[PR]
by melancholic_loser | 2007-01-24 02:41 | 被害妄想
nation ration
イマジネーションは 誰かに贔屓目
我が身が絡むとなおさら甘い

深海の果てに 行き着くつもりが
触っていたのはプールの内縁

推し量るべし 君は今 何を考えているのか


コンセントレーションは 途切れ途切れ
本当の感情移入は程遠い

街ではあちこち 希望が飾られ
触れたら途端に体が溶ける

見極めるべし 君が今 見つめているそのものを
[PR]
by melancholic_loser | 2007-01-15 04:03 | Melancho
手紙 2
夜には空しさが 僕を追いかけてくる
虚を掴むような 霧霞を掴んでいる

空は清らかさが 雲に覆われている
言葉は急になぜか 怪しげなものになる

誰だって 悲しみたくはないよ わかるだろ?

捨てても構わない 不愉快なら破り捨てておくれ
ただの僕の偽善心ならばそれでもいい
それでも君の心のポストに 手紙を入れておくよ
君の幸せだけを 心から願う手紙を



夜には空しさが 僕を追いかけてくる
誰かとを結んだ 桟橋が切られてゆくような感覚

君には醜さが 押し寄せぬように願っている
笑顔がとてもなぜか 今目に浮かぶ

誰だって 嘆くことがあるのさ 自らを

嘘でも構わない 未来を見てどうか進んでおくれ
ただの僕の虚栄心の仕業だと言ってもいい
それでも君の心の奥へ 託したいものがあるよ
拙い僕を乗せた 子汚い白い便箋を



誰だって 立ち向かうしかないのさ 自分自身にも

捨てても構わない 不気味なら忌み嫌っておくれ
ただの捻くれ者の世迷い事かもしれない
それでも君のことを思って 手紙を書いているよ
覆われた空を晴らす 太陽を焦がれる手紙を
[PR]
by melancholic_loser | 2007-01-02 07:34 | Melancho