take a miss take
by melancholic_loser
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
形容の歌
君のことを好きになればなるほど
僕は何もかもが嫌になるのよ
頭のなかには余計なモヤがかかり
僕はまるでダメな人になるのよ

君の事を好きになればなるほど
僕は生きているという心地がするのよ
感覚は鮮やかな光を取り戻し
僕はもう汚れた人になるのよ

君の首筋に 想いを馳せる頃
有りものの観念は通用しなくなる

孤独なBody 寄せ合い寝るだけ
お互いにいい夢 見れるならいいね


君のことを好きになればなるほど
僕は君のことが嫌いになるのよ
頭のなかの辻褄は合わなくなり
僕はまるでダメな人になるのよ

帳尻を合わす 言葉を探すほど
心はますます 抜け出せなくなる

孤独なBody 飽きが来るまで
お互いにわかり会えるならいいね


孤独なBody 寄せ合い寝るだけ
それ以外にはね 思いつかないのです

孤独なBody 擦り切れるまで
お互いにいい夢 見れるならいいね
[PR]
by melancholic_loser | 2007-02-27 03:59 | Live to Love
Not Complicated
君も 僕の船に 乗って行くかい?
まだスペースはある 僕が少し 寄ればいい

君は 優しい顔で 誰にも優しい
でも本当は自分の 船に誰も 乗せたくない

いくつの仮面を人は 持っているのだろう

過ちとまやかしの海域を越えるのに
ただ燃料が切れた場所が 真実だと
願望と現実の折り合いを付けている
まさか昨日信じたものが そうだとしたら


君も 僕の船に 乗っていくかい?
まだ燃料は残ってる どこまで進めるかは わからないけど
[PR]
by melancholic_loser | 2007-02-16 09:07 | Karma
赤い砂丘
眠れない夜には
赤い砂丘へ舟を出せ

惰性の愛も 狂気の悲しみも
塵になって 染みて消える


眠れない夜には
赤い砂丘へ舟を出せ

船尾に過去が しがみ付いても
涙になって やがて消える

約束された順番を 待ちくたびれ
辛苦の粒が頬を打ち 雨のようだと言う
乾いた空が僕を 覆い続けるけど
打ちひしがれるには 雨はよく似合う


約束された場所はもう とっくに忘れ
彼女の声が空を切り 昔の話だと言う
乾いた風が僕を 覆い隠すけど
孤独な旅なほど 憂鬱はよく映える


眠れない夜には
赤い砂丘へ舟を出せ

無音の海は どんな記憶も
静かな闇に 隠してくれる
[PR]
by melancholic_loser | 2007-02-15 19:23 | Melancho