take a miss take
by melancholic_loser
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
SEOU
いつだって 知らぬ間に
時間は過ぎ 僕らは老い
取り返せぬ 重い荷物
チャンスも逃し それすら無き物に


誰だって 先が欲しい
すがる先 愛されたい
有無も言わず 歯車に
振り返るけど そこには過去の灰が

悲しみもせず 喜びもせず
ただ吹きすさぶだけ

ああ君は今 どんな顔をして
笑っているだろう それとも泣いてるだろうか
それならば どんな顔をして
僕は言えばいいだろう そしてどんな風に


逆らってみたっていい
全てされるがままもいい
何を選ぶ 選ばずとも
未来は来る 滑稽なほど力ずくに

消え去りもせず 甦りもせず
ただ胸が震えるだけ

ああ君は今 どんな人といて
暮らしているだろう それとも泣いているだろうか
それならば どんな風にして
君に言えばいいだろう そして逆らえるだろうか

僕はこの 運命のような 無情の風に


一つにはなれず 遠ざかりもせず
ただ見つめているだけ

ああ君は今 どんな顔をして
笑っているだろう それとも泣いているだろうか
そう明日は ほんの些細なことで
変わってしまうのだろう それが良くも悪くも

ああ僕は今 どんな顔をして
君に会っているだろう それとも泣いてみえるかい
それならば どんな風でもいい
あとは放つだけだろう それが僕の心ならば
[PR]
by melancholic_loser | 2007-08-29 01:48 | 被害妄想
ロングタイム
誰が予想したろうか
愛に終わりが来ることを
いつしか僕が責めたのと同じ
過ちを背負った背中

いったい 誰が知っていたろうか
心が逆剥けてゆく痛みを
いつでも大人のわかった振りで
不自然なほど綺麗な手

浅い肺活量でそっと前進
朝が来るまでに思い出は消去

長い旅路の始まりから
多くはもう 忘却の坩堝へ
試行錯誤の森のなかへ
幼い頃の 僕は迷い込んだまま


誰が信じられるだろうか
自分が自分を裏切ることを
形さえ用意しておけばいいんだと
思い込んだ恋の中身は空

期待通りになど行くわけもない
誰しも自分の主役を演じたい

赤い糸たちが絡まり合う
愛と希望を 押し付けあう輪をなす
一人ぼっちにはなりたくないよ
優しい顔の 君はどんな人


間の抜けた顔で 過去を思い出す
遠い目をするのは ただの言い訳のためだろう
[PR]
by melancholic_loser | 2007-08-28 23:22 | Karma
ペイニーマリー
恋をして 愛を知ってゆく
それは来た道を 戻るように
生まれて いつか死んでゆく
この自分というものを 見つめながら

ときには疑い 視界はもやのなか
寂しさを笠に着て 傷つけもした
だけど今 ただ一言 言いたいことがある

あなたがいてくれたから
僕はこんな風に 今笑えるよ
あなたがいてくれたから
僕は未来のことを 信じられた


僕もまた あなたがしたように
誰かを受け入れながら 孤独を知る

ときには失い 何かを奪ってきた
雨のなか傘もなく 濡れながら泣く
だけど今 ただひとつだけ 贈りたいものがある

頭のなかではずっとあなたの
歌ってくれた歌が 聴こえているんだよ
心のなかからずっと囁く
僕の未来のことを 見てみたくなる


ほら また争いが 諍いが
君の手の花束を折ってみせるだろう
暗い 竜巻が轟く街で
過ぎ去った後にまだ立って 微笑んでいられるかい


あなたがいてくれたから
僕はこんな風に 今笑えるよ
あなたがいてくれたから
僕は未来のことを 信じられた

頭のなかではずっとあなたの
歌ってくれた歌が 聴こえているんだよ
心のなかからずっと囁く
僕の未来のことを 見てみたくなる
[PR]
by melancholic_loser | 2007-08-24 22:59 | Melancho
イッツザケイオス
お父さん お母さん
愛とは未だ 知れず不可解
お兄さん お姉さん
人生はかくも 厳しく難解なものなのですね

太陽が西から昇ったって
来ないような気がしていた未来がもう そこまで

実感があろうが なかろうが
強制的に日々は 豪雨のように過ぎてく
感覚があろうが なかろうが
自由を放棄した日にゃ ただ押し流されるだけ


如何せん 否めません
快と不快の 愛はいたちごっこ
答えのない この戦い
でも愚かしくも まだ清らかさを追い求めているのです

永遠に続くようなつもりで
傷つけた思い出たちさえ優しく僕を 包んで

ただ強い衝動が 叫んでる
あてもない日々は じわりじわりと消えていく
根拠などあろうが 知るものか
僕は僕の暮らしを送り 愛を信じたいだけ


戸惑いながらも 心は揺れるばかり
何を探す旅に 僕らはいつどこから出たんだろう
彷徨いながらも それは無駄じゃないんだと
言い聞かす程に 友達は少しずつ増えていったよ


実感があろうが なかろうが
強制的に日々は 豪雨のように過ぎてく
感覚があろうが なかろうが
自由を放棄した日にゃ ただ押し流されるだけ

自信さえもあろうが なかろうが
僕は思い描くだけ ただ美しい毎日を
[PR]
by melancholic_loser | 2007-08-24 03:09 | Karma
日々の音 (ヒビノネ)
欲しがるだけ 喉は渇くだけ
寂しくて 仕方なくなるのはなぜ

あなたは誰 優しい顔で
くれるパフェ 甘いのは最初だけね

「運命なんて 初めから決まってるの」
そうあきらめてみせるのも もう飽きてきたけど

些か愛がない 7畳1Rで
愛犬を抱きしめて 今夜は眠るだけ
しょうがないじゃない 艱難辛苦を越え
愛し合えるならね 何も惜しくないのに


あなたは誰 ずっと昔に会った
とてもとても 大切だった人のような

あなたもきっと 辛かったのでしょうと
本当はやさしく笑って言えたら きっとよかったの


「運命なんて 初めから決まってるの」
そんなあきらめ方なんて誰も 望んでるわけないじゃない

些か愛がない 郊外一戸建てで
誰かの帰りを 待っていたいの
しょうがないじゃない 後悔したところで
幸せなんてものはね 手に入るはずもないのに
[PR]
by melancholic_loser | 2007-08-24 01:24 | Karma
不実の森
どんな愛も潰える
粒の細かい 砂にはそれと
誰にも知られぬ優しい匂い
どんな実も 生ることはない

どんな夢を見ても
それは儚い 夢を見てるだけ
心に望んだ通りの世界を
見せてくれるけど 幻でしかないんだ

さあ 出ておいきよ ここは不実の森
君はこんなところに いちゃあいけない

痛みを覚えて 悲しみを堪えて
君は生きていかなくちゃいけない
独りっきりでも 美しさを忘れても
誰かを照らしに 光を生み出すんだ


暗い茂みを抜ければ
そこは恐ろしい 荒地が待ってる
君は望まぬ苦しみさえも
飲み込まされるかも しれない だけど

さあ 出ておいきよ ここはまやかしの国
そしていつか本当の 愛を知るため

空しさを抱えて 悲しみを乗り越えて
旅を続けていかなくちゃいけない
始まってしまえば 後ろを振り返っても
そこにはもう何も 過去は待っていないんだ


さあ 出ておいきよ ここは不実の森
君のなかのすべてが 枯れてしまう前に

靴紐を結んで 勇気だけを持って
君はここから出ていかなくちゃいけない
どうか忘れないで いつしか命が絶えても
君は決して一人なんかじゃないから

独りっきりでも 美しさを忘れても
誰かを照らしに 光を生み出すんだ
[PR]
by melancholic_loser | 2007-08-13 04:45 | 被害妄想