take a miss take
by melancholic_loser
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
imitation circle
月はくらげのように 海面にまどろんでいた
僕は脳内にある 海底を彷徨っている

どんなに過去を 思い返しても
懐かしさはいつしか 精神まで酸化させるよ

新しい朝陽はまだ 差すだろうか
この深い 絶望の淵まで
それでも人々はまだ 願うだろうか
傷つけ合った 体でまだ尊いものを


星は誓いのように 誇らしげに空にあった
未だ雲に埋められた 僕らの胸には霞んで見えない

いつからだったか 思い返しても
過ちの始まりが 何を救うわけじゃなかろうに

美しい夕陽はまだ あるだろうか
心無き 僕たちの背中を
それでも焦がすように 燃えるだろうか
膨れ上がった 孤独さえも溶かすように


静かに波は返るのだろう 胸の奥へ
静かに耳を澄ましてごらん 夢は未だ 君を見捨てない


新しい朝陽はまだ 差すだろうか
この深い 絶望の淵まで
それでも人々はまだ 願うだろうか
傷つけ合った 体でまだ尊いものを

何もない世界にまだ 感じられるだろうか
麗しい 生きたる実感を
誰でもない自分にまだ 出会えるだろうか
芝居がかった ように僕は月を見上げる
[PR]
by melancholic_loser | 2007-09-29 06:54 | Melancho
Ordinary
希望は願い 尽くされて
今じゃくたびれた 鞄にぶら下がっているぐらいさ

待ち人は来ない 人知れず
あえなく潰えた 夢なんかを思い出すぐらいさ

やけに空が青い 青い

ぼんやりとした霧霞を
さわっているようで
とてつもなく硬い高い壁に
囲まれているよう でもある


言葉の持つ力を 信じれず
差し障りのない 中庸に甘んじるぐらいさ

過去がとても遠い 遠い よねえ

知らないうちに真綿で首を
締められているようで
何もない地平線の真ん中に
放り出されているよう でもある


今はとても長い 長い夢 のよう

やっと今しがたこの場所に
生まれてきたようで
あっけなく全てがあと少しで
終わってしまうよう でもある
[PR]
by melancholic_loser | 2007-09-24 20:57 | Melancho
こわい
世の中は よくわからないことだらけだよ
なりきり 澄ましている人と そうじゃない人の
区別もあまり付かない

優しさに 満ち溢れているような人でも
たまに 笑っている顔の 向こう側の顔が
見えると近づけない

世の中は とても怖いことだらけだよ
辛くても 生きる決意をした 僅かな人と
たくさんの何も感じない人
[PR]
by melancholic_loser | 2007-09-14 22:36 | Karma
Y -ワイ-
夜が来る 有無を言わさず
取り囲む 有無を言わさず
ねじ伏せられる

夜が来る 一糸纏わず
襲い来る 一矢報いる
術もなく消える

虚無感が来るぞ また新しい
抜け出す場所もない 今はただ

生と死が巡り巡って 抉っていく
弱い心を 遠慮もなしに
性と快楽が浮かんで 沈んでいく
生々しい匂い 生きてるって何だろう


君がいる 何にも言わず
君がいる 何にも言わず
頭のなかにいる

記憶よ 助けてよ 積み上げてきた
愚かな過ちを許し 今はただ

愛と未来が折り重なって 光っている
死にかけの目に 微かな希望が
夢と幻覚にまみれて 果てていく
残酷な現実 意味を教えてくれよ それでも生きなきゃならない意味を


虚無感が来るぞ 何も生まない
燻るように暗闇に 熱い身体

生と死が巡り巡って 抉っていく
弱い心を 遠慮もなしに
性と快楽が浮かんで 沈んでいく
生々しい匂い 生きてるって何だろう

暗がりでぽつり呟いて 降りていく
青い壁の色 螺旋階段を
影と犠牲を伴って 過ぎていく
いじらしい程の無情 生きてるって何だろう
[PR]
by melancholic_loser | 2007-09-07 02:21