take a miss take
by melancholic_loser
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
LOAD, I MISS YOU
闇雲に 手紙を書いては
ひっそり返事を待っている
鍵穴に うまく合うような
鍵をだれか 持ってはいませんか

時間さえ 足踏みする 夜明け前
グロテスクなオルガズムが
君を襲っているんだ

プリーズ、マイロード
彷徨う魂は 儚い虫みたい
唯一無二の
独自の決壊感 ねぇほら 感じ取ってみせてよ


靴ひもが うまく結べずに
気になって走れない
そんな夢を よく見るんだよ

地団駄で 足踏みの 孤独の舞
仕組まれたナルシズム
したたか なぞっているんだ

プリーズ、マイマネー
たらふく太って 満たしておくれ
消えることのない
執拗な不足感 清濁 飲み干してみせろよ


今はもう 忘れてしまっただけで
たくさんの 優しい気持ちが
僕のなかにも あったはずなんだよ
真夜中に 何度も涙を流した


プリーズ、マイガール
君のいない世界は 拙い嘘みたい
フリーに舞い上がる
身体が吐き出した 白濁 飲み込んでみせてよ
[PR]
# by melancholic_loser | 2007-11-27 18:40 | Karma
P-Pain
僕が死んでも 世界は続くことは
ちょっと寂しいけれど 嬉しくもある
君が美味しい 御飯を食べる顔や
みんなの幸せも きっと続いていく

それはとても素晴らしいこと
想像力はあらゆるものを 許すことだってできる

ほうら だから怖いものなんてないのさ
肩に力を入れてじゃ うまく心はほどけない
そうさ 今は今だけだからあげたいのさ
君に僕の本気の 優しい祈りの歌
[PR]
# by melancholic_loser | 2007-11-11 03:13 |
360
タブン 心は多面体
初めはきっと完全な球体
角になって 面になって
それぞれ形は変わっていく

ジブンもあんまり解ってない
大概はきっと平面で見てる
誰にだって あるんだって
見えてるようでも違っている

素直になれない僕には
最初は長い 長い洞窟 ほら穴

どこへ 困難が導いても
行く手を阻むのは いつも自分
目指せ 完全な自己分析
手足を取られるのは いつものこと


素直でいたい 君には
最後は辛い 想いも全部 報われるよね ほらね

どこへ 困難が導いても
行く手を阻むのは いつでも自分

取り戻せ 完全な円のような心
誰かが悲しいと 思わないように
叶え 秀逸な自己表現
手遅れかどうかは どうでもいいこと
[PR]
# by melancholic_loser | 2007-11-10 23:12 | Karma
優しい子
優しい 優しい 子になろう
だいじょぶ 君は人の つらいがわかる子
優しい 優しい 子でいよう
だれかの 泣き顔を 迎えに行こう


あったかい 手 ふわっと
お母さんの 夢をみてる
世の中は 悲しいことだらけ
立ち上がっても また転んで

むらさきの 霧の向こうで
君を待ってるのは なにかな

優しい 優しい 子になろう
少しずつ 勇気がわいて また歩けるよ
優しい 優しい 歌にしよう
だれかが 君の声を 待っているよ


変わらないでいようって
約束を してきたよ
世の中は 悲しいことだらけ
転んだら 僕が助けるんだ

優しい 優しい 子になろう
ともだちが みんな笑って また遊ぼうね
優しい 優しい 顔をしよう
だれかが もう怖がったりしなくていいように


夕焼けの 空の向こうで
帰りを待っていて くれてる

優しい 優しい 子になろう
だいじょぶ 君は人の つらいがわかる子
優しい 優しい 子でいよう
だれかの 泣き顔を 迎えに行こう
[PR]
# by melancholic_loser | 2007-10-17 14:26 |
MELLOW YELLOW
そうあれは 気付いたのは 二十歳前ぐらい
誰かが僕を 指差し言った 「そんなのは綺麗事よ」

でも僕は 思ったんだ 確かに欲深い
それでも僕が 遣り通したら それは何か残せないかい

たとえ上から綺麗な紙を
かぶせただけ 借り物の着せ物を
被ってる だけにしかなれなかったとしても

本当の優しさなんて 誰にもわからないんだよ
そういうことに きっと答えはないんだろう
本当の優しさなんて 誰にもわからないんだけど
そういうものを 君にあげたいだけなんだ


そう僕が どんな奴と 君に思われてても
そんなの問題 ではないんだ 何を今 言うかで

たとえ想いは叶わなくても
あげれるだけ 最高の贈り物を
笑ってる 君のために贈ってみせましょう

本当の寂しさなんて 誰にも拭えないんだよ
そういうものは きっと生まれながらにあって
本当の悲しさなんて 誰にも見せはしないんだよ
そういうものさ 男らしいところもあるでしょ


本当の優しさなんて 誰にもわからないんだよ
そういうことを ずっと考えていたんだよ
本当の優しさなんて 僕にはわからないんだけど
そういうものを 君にあげたいだけなんだ

だって君は そういつだって君は 笑ってるほうがいいもの
[PR]
# by melancholic_loser | 2007-10-10 09:24 |
NORMAL
見えていないのか
見ていないのか
世界はどこも喧嘩ばかりだよ
今日も大事な 誰かが死んだ

忘れているのか
忘れたいのか
描いた絵はもう埃まみれだよ
あんなに大事にしていたのに

神様の言うことには
僕らは従順な 下僕の出来損ない

発展途上の脳細胞
幼稚な音頭に我を忘れ踊れ
最新技術の戦争で
自滅するまで 多分このまま


消えてしまうのを
待っているのか
主の帰りを待つかのような思い出たちを
多忙な振りして 見捨てるんだ

神様の言う通りにして
彼らは皆死んだ 教えてよ涙が 止まらない訳を


神様の言うことより
僕は目の前にいる 君のことを信じたい

発展途上の脳細胞
足りない知恵を捻り振り絞れ
数学記号の計算では
測れない ものばかりだよ

安直平易な言葉だけ
僕の心には響いていくんだ
[PR]
# by melancholic_loser | 2007-10-10 00:19 | Karma
imitation circle
月はくらげのように 海面にまどろんでいた
僕は脳内にある 海底を彷徨っている

どんなに過去を 思い返しても
懐かしさはいつしか 精神まで酸化させるよ

新しい朝陽はまだ 差すだろうか
この深い 絶望の淵まで
それでも人々はまだ 願うだろうか
傷つけ合った 体でまだ尊いものを


星は誓いのように 誇らしげに空にあった
未だ雲に埋められた 僕らの胸には霞んで見えない

いつからだったか 思い返しても
過ちの始まりが 何を救うわけじゃなかろうに

美しい夕陽はまだ あるだろうか
心無き 僕たちの背中を
それでも焦がすように 燃えるだろうか
膨れ上がった 孤独さえも溶かすように


静かに波は返るのだろう 胸の奥へ
静かに耳を澄ましてごらん 夢は未だ 君を見捨てない


新しい朝陽はまだ 差すだろうか
この深い 絶望の淵まで
それでも人々はまだ 願うだろうか
傷つけ合った 体でまだ尊いものを

何もない世界にまだ 感じられるだろうか
麗しい 生きたる実感を
誰でもない自分にまだ 出会えるだろうか
芝居がかった ように僕は月を見上げる
[PR]
# by melancholic_loser | 2007-09-29 06:54 | Melancho
Ordinary
希望は願い 尽くされて
今じゃくたびれた 鞄にぶら下がっているぐらいさ

待ち人は来ない 人知れず
あえなく潰えた 夢なんかを思い出すぐらいさ

やけに空が青い 青い

ぼんやりとした霧霞を
さわっているようで
とてつもなく硬い高い壁に
囲まれているよう でもある


言葉の持つ力を 信じれず
差し障りのない 中庸に甘んじるぐらいさ

過去がとても遠い 遠い よねえ

知らないうちに真綿で首を
締められているようで
何もない地平線の真ん中に
放り出されているよう でもある


今はとても長い 長い夢 のよう

やっと今しがたこの場所に
生まれてきたようで
あっけなく全てがあと少しで
終わってしまうよう でもある
[PR]
# by melancholic_loser | 2007-09-24 20:57 | Melancho
こわい
世の中は よくわからないことだらけだよ
なりきり 澄ましている人と そうじゃない人の
区別もあまり付かない

優しさに 満ち溢れているような人でも
たまに 笑っている顔の 向こう側の顔が
見えると近づけない

世の中は とても怖いことだらけだよ
辛くても 生きる決意をした 僅かな人と
たくさんの何も感じない人
[PR]
# by melancholic_loser | 2007-09-14 22:36 | Karma
Y -ワイ-
夜が来る 有無を言わさず
取り囲む 有無を言わさず
ねじ伏せられる

夜が来る 一糸纏わず
襲い来る 一矢報いる
術もなく消える

虚無感が来るぞ また新しい
抜け出す場所もない 今はただ

生と死が巡り巡って 抉っていく
弱い心を 遠慮もなしに
性と快楽が浮かんで 沈んでいく
生々しい匂い 生きてるって何だろう


君がいる 何にも言わず
君がいる 何にも言わず
頭のなかにいる

記憶よ 助けてよ 積み上げてきた
愚かな過ちを許し 今はただ

愛と未来が折り重なって 光っている
死にかけの目に 微かな希望が
夢と幻覚にまみれて 果てていく
残酷な現実 意味を教えてくれよ それでも生きなきゃならない意味を


虚無感が来るぞ 何も生まない
燻るように暗闇に 熱い身体

生と死が巡り巡って 抉っていく
弱い心を 遠慮もなしに
性と快楽が浮かんで 沈んでいく
生々しい匂い 生きてるって何だろう

暗がりでぽつり呟いて 降りていく
青い壁の色 螺旋階段を
影と犠牲を伴って 過ぎていく
いじらしい程の無情 生きてるって何だろう
[PR]
# by melancholic_loser | 2007-09-07 02:21